導入するメリットあり!電子カルテならではの良い所

医療過誤の予防効果が期待できる電子カルテ

医療現場では従来の紙のカルテに代わり電子カルテの普及が進んでいます。電子カルテのメリットは、医療過誤の可能性を減らせる点にあるでしょう。医療現場ではカルテを取り違えてトラブルが発生するリスクがあり問題視されています。電子カルテであればコンピューターの情報処理により、ミスを減らすための自動チェック機能を盛り込むことも可能ですね。人間とコンピューターのダブルチェックで医療過誤を予防できるのは大きな利点です。

書類を扱うスピードがアップする電子カルテのメリット

電子カルテのメリットは、情報の取り扱いが簡単でスピーディな点が挙げられます。大量の紙のカルテを扱うとなると、カルテの整理整頓が非常に大変で負担になりがちです。その点で電子カルテはデジタル情報でデータを記録しているため、カルテ情報の参照が素早くできて書類の片付けも手間が掛かりません。カルテを取り扱うスピードアップができれば医療サービスの利用で待たされずに済むため、医療機関だけでなく患者にとっても利点は大きいですね。

広い保管スペースを必要としない電子カルテ

病院などの医療機関にとって、大量のカルテを保管する負担は軽くありません。万が一の書類の流出を防ぐため、保管する場所にも気を使います。その点で電子カルテは、広い保管スペースの必要がない点が大きなメリットですね。コンパクトなサーバーでも大量のデータを記録でき、施設内の限られたスペースを圧迫する心配がありません。また場合によっては医療施設の外にサーバーを設置して、ネットワークで接続する運用方法も可能でしょう。

電子カルテのメリットは紙の削減とその場ですぐ情報が提供できます。とくに、CTなどの画像が添付されるので見やすいです。